Nikon Z9 白木峰高原の桜

長崎県の白木峰高原の桜です。
ここ数年、大人気の撮影場所で、多くの写真家の皆様との撮影でした。

比較的場所が広いのと、お互い色々なアングル、バリエーションをつけるために、場所を譲り合いながら、気持ち良く撮影出来ました。

掲載の写真は、良い形の雲が沸き上がってきましたので、太陽と桜、雲仙普賢岳を縦位置に収めるために移動してきて、先に撮影されていた写真家の方に場所を譲っていただいて撮影したカットです。

Nikon Z9、ミラーレスカメラで初めての九州撮影でした。従来のデジタル一眼レフ機との違い、利点等を、近々、YouTubeに投稿致しますので、お時間のある時に見て頂ければ幸いです。

展海峰の夕日

長崎県,九十九島

長崎県、九十九島の展海峰からの夕日です。
6月から7月は、展海峰の正面に夕日が沈みます。

この日は、天気の移り変わりが激しく、雨風の中に夕日が差し込むドラマチックな展開となりました。

地形の関係で、晴れた日の日中でも風が強いことが多いので、撮影時の三脚のブレ対策は必須です。

松浦鉄道 浦ノ崎駅の桜

長崎県 松浦鉄道
九州を走る鉄道の中でも、屈指の撮影ポイントの多さを誇る、松浦鉄道です。
写真は、桜の時期、大人気の浦ノ崎駅の桜のトンネルです。

撮影は、400mm。午後の光で撮影。駅のホームより、かなり離れた安全な場所からの景色です。

この駅の桜の開花(満開)のタイミングが、同じエリアの桜の名所とは、かなり違うのでスケジュールの関係で、諦めて帰京したこともありましたが、この年は、うまくタイミングが合いました。

旅行読売7月号の表紙

長崎県,東彼杵郡,千綿駅

長崎県 千綿駅

旅行読売 2019年7月号の表紙にJR大村線千綿駅で撮影した写真を掲載して頂きました。
千綿駅は、海の見える駅として有名で、駅舎も昭和の面影を残す木造駅舎です。

列車は、1~2時間に1本ですが、駅舎の佇まいと、大村湾の夕日が素敵な場所で、1日中色々な角度から撮影出来ます。

西海橋の桜

長崎県 西海橋公園

例年、九州で一番早く見ごろを迎えることが多い、西海橋の桜です。
海峡の両側に多数の桜があり、一日中、ポイントを変えながら撮影できます。

第一級の観光地ですので、飲食店、駐車場が大変充実しており、長時間滞在しての撮影も快適です。
最近、従来の撮影ポイントより高い所に公園が出来て、ますます魅力的な撮影地となりました。