宮崎県 お倉ヶ浜の朝日

日本の渚・百選に選定された延長4kmに及ぶお倉ヶ浜は、日本でも有数のサーフポイントとして知られる海水浴場です。
無料駐車場や温水シャワーやトイレなどの設備も整っており、日の出撮影の後も、ゆったりと過ごせる場所です。

夏のシーズンは、正面の海から太陽が昇ってきます。黄金に浜を染めるの朝日、夜明け前の静寂の浜、大変魅力的な撮影地です。

展海峰の夕日

長崎県,九十九島

長崎県、九十九島の展海峰からの夕日です。
6月から7月は、展海峰の正面に夕日が沈みます。

この日は、天気の移り変わりが激しく、雨風の中に夕日が差し込むドラマチックな展開となりました。

地形の関係で、晴れた日の日中でも風が強いことが多いので、撮影時の三脚のブレ対策は必須です。

神楽女湖の花菖蒲

数年前に撮影した、大分県の神楽女湖の花菖蒲です。
ここは、早朝に発生する山霧に朝の光が差し込むと、幻想的な写真が撮影出来るポイントです。
この日は、山霧と太陽の光のタイミングが合わず、がっかりしていたところ、急に空にうろこ雲が広がり、花菖蒲との競演を撮影することが出来ました。

地元の自治体、写真家の方々が、開花状況を細かく発信して頂いているので、毎回助かっています。近くの志高湖も、夕日の照らされた湖面と紫陽花の撮影が出来る魅力的な撮影ポイントです。

秘窯の里 伊万里・大川内山

秘窯の里 伊万里・大川内山

奥深い谷間の険しい地形を利用して「鍋島」の秘法を守った大川内山

快晴の日の早朝、街並みと山水画にも似た屏風岩が、その輝きを一層増します。

小城公園の桜

昨年、撮影した小城公園の桜です。
開花のタイミングと、天気にも恵まれイメージ通りの写真が撮影出来ました。

庭園の池と、桜の位置関係が、見事に計算されていて、早朝から夕方まで撮影出来るポイントです。

高速道路、インターチェンジからのアクセスの良さに加えて、駐車場や飲食店の環境が素晴らしく、来年、撮影に行きたい場所のひとつです。

新型コロナウイルスの1日も早い終息をお祈りしています。